正法寺のHPへようこそ

正法寺は知多半島にある小さなお寺です。
自然豊かな当山へお詣りになりませんか。

知多四国霊場 29番札所
南知多観音霊場 9番札所

新年本尊護摩供について

 

 例年通り毘沙門天初護摩供を行います。正月二日・三日にわたり般若心経を百巻読誦したのちに、諸仏の真言を唱え、檀徒・信徒の皆さまの願いを書いた護摩木を焚き上げし、三幅対(恵比寿・大黒・毘沙門)のお札をお加持いたします。

1月2日15:00より 般若心経50巻読誦

1月3日09:00より 般若心経50巻読誦・護摩供(祈祷・三幅対加持)・毘沙門天秘密経など

両日とも本堂への途中入堂・途中退堂は可能です。

護摩木は一本百円にて頒布いたします。本尊毘沙門天での年頭のご祈祷をお勧めします。

護摩木に祈願のことばを入れて欲しいというご要望にお応えして、

「開運招福」「無病息災」「良縁吉祥」「交通安全」「安産祈願」

「心願成就」「学業成就」「商売繁昌」「家内安全」「健康成長」

の10種の文言をあらかじめ、朱印で押印したものを用意しました。

自分の手で願い事を記されたい方へ無記入のものもございます。

護摩供の後で鏡開きをしたお福餅は、御参拝の方にお分けしています。お福餅を入れたぜんざいのお接待もあります。ぜひとも、本尊毘沙門天様へ初詣にお越しください。ご祈祷した三幅対(恵比寿・大黒・毘沙門)のお札は千五百円にて頒布します。

南知多町指定文化財

大般若経(写経)


南知多町文化財として昭和60年(1985年)に指定
大般若経とは玄奘がインド等から経典群を中国へ持ち帰り、更に翻訳の指揮を取って4年の歳月を掛けて漢訳したものです。この膨大な教典を300余文字に要約したものが般若心経とされています。

当山がテレビで紹介されました

東海テレビ「スイッチ!」の「はじめまして」のコーナーで当山が紹介されました。
2020年8月12日(水)に放映されました。